怪談ドライブの体験者は今何人?

夜も更けてから友人から誘いがあったり、逆に誘ったりしてドライブに出かけるのは珍しい事では無いでしょう。
よくある事です。

目的地は特に決めずにあちこちを走り回り、、ゲームセンターやコンビニ、公園などに立ち寄って、適当に時間を潰して帰宅、と言うのも珍しくありません。

ただし、自分の友人の場合は一味違います。

目的地が無かったり、適当に遊ぶのは普通です。車内のBGMが稲川淳二の怪談であると言う事を除けば。

そもそも何故稲川淳二なのか、何故怪談なのか、友人のオーディオには何故稲川淳二の怪談が豊富に収録されているのか、疑問は尽きませんが、一味違ったドライブを楽しんでいます。

普通だと怖い雰囲気なら、ドライブのついでに心霊スポットでも行こうぜ!となるのがお約束なのでしょうが、自分達の場合、怪談の語りを聞いてヘラヘラ笑っているだけです。

他人から見たらかなり異様なのでしょうが、そもそも稲川淳二の怪談はシリアスな笑いの要素もあるので、意外と和やかなドライブになります。

友人はそれが高じてドライブのついでに怪談のライブに出かけた事もあるそうで、ただ何となく怪談を流していたのだとしても、それが面白くなってくるとハマってしまうと言う良い例だと思います。

自分はまだそこまではハマってはおりませんが、夜の怪談ドライブは好きですし、今も続いています。怪談ドライブと言う響きだけでも笑えてきます。他の友人との話のネタにもなりますし、良い事です。

「あいつの車に乗って怪談聞こうぜ!」と言うノリになる事もあるので、ドライブに友人を誘う為の口実にもなり一石二鳥です。最近はドライブに一緒に乗り合わせる人数も増えてきました。

友人の友達付き合いのドライブで、一体何人の人間が怪談を聞かされているのかと思うと、今日も自分は笑いを堪えきれないのです。オススメはしませんが、非常に楽しいと言う事だけ、これだけは真実を伝えたいと思います。